Google Website Optimizer用 行動ターゲティングスクリプト作りました2


行動ターゲティングJSの仕様

説明はココココ

■仕込み
リダイレクトを出し分けする対象のページにスプリット用のJSを仕込みます。
ページ内の行動でターゲティングする場合は、対象のページ全てに、
ターゲティング用のJSを仕込みます。
それぞれ色々設定は必要です。

■セグメント軸
<出し分け対象ページ内>
・リファラー
・検索キーワード
<ターゲティングページ>
・総滞在時間
・特定ページ(グループ)のPV数
・再訪問間隔

訪問回数はまだつけていません。
ちょっとめんどくさい上に、定義がGAとどうしても変わってしまいます。
JSなので、ジオターゲティングはできません。
検索キーワードによる出し分けは一応実装しています。
ほぼ全ての検索エンジンに対応していると思います。
エンコード周りはecl.jsというライブラリを使っちゃいました。
ライセンスがどこにも書いていなかったので、商用で使ってよいのかどうかは微妙です。

■セグメント化のロジックについて
これだけたくさん変数があると、いくらでも組み合わせができてしまい、
ロジックが複雑になります。
なので、あえてロジックを簡単に設定できるような機能を実装していません。
都度都度、JSを手書きするイメージです。

■動くけど。。。
素人が作ったものなので、これはプロトタイプというイメージです。
実際に使う前には、専門家の人に確認してもらった方が良いと思います。
作っておいて、あれですけど、そこまでしてターゲティングにこだわる必要ないかもってちょっと思ってきました。
あと、リダイレクト先にパラメータ付けて、パラメータ読み込むライブラリを使えば、GAでトラッキングすることができるので、セグメント別のCVRとか出すことができます。

Leave a Reply